地縄張り【福岡市東区 O様邸 建て替え工事】

地縄張り(福岡市東区 O様邸 建て替え工事)

「地縄張り」とは

「地縄張り」とは建築予定地に縄を張り、設計図通りに建物の配置を決めていく作業のことです。基準となるポイントに杭を打ち、正しく距離を測りながら縄を張って建物の輪郭を示します。一般的に、地鎮祭を行う前に地縄を張ります。

どんな目的で?

建物の配置を図面だけではなく、実際の土地を使って把握し、確認する目的で行います。

  • 建物の配置
  • 境界との距離
  • その他の配置物、駐車場等のスペース
アドバイザーからの一言「想像していたよりも家が狭い...」地縄張りの段階で、多くのお施主様が口を揃えるように仰います。
人間の目は立体を捉えるようにできているため、平面的な情報しかない場合、実際よりも小さく認識してしまう性質があります。そのため、平面の状態から建物が立ち上がって立体となった時には、想像以上に広く感じるようになります。
もし、地縄張りの段階で狭いと感じないようならば、それはかなりの大きさの家といえるでしょう。

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談は、お電話またはメールにて受け付けております。まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

092-942-3399

(受付時間:9:00~17:00)



関連ページ

新築(注文住宅)メニュー
リフォーム・リノベーション メニュー
お問い合わせ