· 

スキップフロア&ビルトインガレージの家【福津市 N様邸 新築工事】完成


【福津市 N様邸 新築工事】完成しました。

実面積以上の空間の広がり感と、子育てしやすい間取りをテーマに、スキップフロアを計画しました。

水まわりは全て中2階に統一。中2階から1階のリビングや小上り和室まで一つのオープンな空間で間取りを構成し、家事・炊事をしながらでも常に小さなお子様を目の届く範囲で見守れるようになっています。

 

スキップフロアで上下の空間を有効利用

スキップフロア(LDK)

スキップフロアとは

スキップフロアとは、フロアの高さを半階分ずらしながら連続した層を組み合わせていく建築方法です。

フロアの高さに変化を持たせることで上下の空間が有効に利用でき、実面積以上の広がり感を得ることができます。


間取りの広さに高さをプラスした開放感あふれる住まい

スキップフロア LDK

LDK

スキップフロアで開放的なLDK(28帖)

中2階に上がる階段の一部をテレビボードとして利用しています。(テレビ下部分にはデッキ収納スペースを造作)

階段の1段目が掃き出し窓(テラスの窓)まで延びているので、腰掛スペースとしても利用でき、大人数の来客の時でもみんなでリビングを囲めます。

天井には凹凸のある化粧吸音板を施工してアクセントにしました。


半階分上がった(中2階)ダイニングキッチン

中2階から見るリビング〜和室

水まわりは全て中2階に統一ました。中2階から1階のリビングや小上り和室まで一つのオープンな空間で間取りを構成し、家事・炊事をしながらでも常に小さなお子様を目の届く範囲で見守れるようになっています。


ダイニングキッチン

ダイニング・キッチン

ダイニング天井は勾配天井にして、窓の高さは目線よりも高い位置に設置。

キッチン前の造作カウンターは、洗い場での作業時の手元が隠れる高さになっていてます。


家事動線を短くして作業効率をUP!

人造大理石キッチン

水まわりを全て中2階に統一することで家事動線も短くなりました。

収納スペースは生活動線を意識した、使い勝手の良い位置に配置。

効率の良い家事動線・生活動線とすることで作業効率が上がり、時短にもつながります。


トクラスキッチン『Berry』(ハイバックカウンター)特長動画
(※この動画には音声がありません)

【キッチン:トクラス(Berry)】
【水栓金具:LIXIL(ナビッシュ)】

お掃除しやすいキッチン

キッチンのワークトップは人造大理石。汚れ・キズ・衝撃・熱に強いのが特徴で、シンクとカウンターの接合部は隙間や段差のない構造なので、汚れがたまらずお掃除もラクです♪

カウンター奥のバックガードは高く立ち上がった『ハイバックカウンター』になっていて、その部分には鍋の蓋や調味料などがおけるハンガーアイテムが付いています。

水栓金具は、鍋などの大きなサイズの調理器具も無理なく洗うことができるように、グースネックスタイルのものを採用しました。

☆使いやすいキッチンの高さの目安...
( キッチンの高さ = 身長 ÷ 2 + 5cm )


LDKの中にあるスタディコーナー

スタディコーナー

LDKの中にスタディコーナーを設けました。

スタディコーナーとは

スタディコーナーとは、リビングやダイニングの一角に設ける学習用スペースのことです。それ以外にも、パソコンや読書をする場所としても活用できます。

家族が集まる空間にスタディコーナーがあれば、親からの目も十分に届き、子供の勉強を見守ることができます。


吹抜け+室内窓で光と風を取り入れる

吹き抜け・室内窓・シーリングファン

吹き抜け

当建物のテーマである「実面積以上の広がり感と子育てしやすい間取り」にスキップフロアを採用するうえで、パッシブデザインとすることも意識しました。断熱と遮熱を考えるとともに、すべての部屋に自然光が入るように吹き抜けを設け、南からの日差しを効率よく室内へ取り入れることや、室内窓で光や風を通す設計の工夫を検討しました。


和室をリビングとつなげて活用頻度をあげる

和室〜リビング

小上がり和室

小上りになった和室は、間仕切り壁や扉を設けずにリビングとつながっています。

和室がリビングと離れた別の場所にある場合、日常生活であまり使われない部屋になってしまいがちです。生活の中心であるリビングとつなげることで、洗濯物をたたんだり、ちょっと横になったり、幼児のお昼寝やおむつ替えの場所としてなど...様々な用途で有効に活用ができます。


和室(和紙畳)

畳は半畳サイズの和紙畳を使用しています。和紙畳の特徴は、イ草畳に比べてカビが発生しにくく、日焼けによる変色がありません。引っ掻いても傷つきにくいので、室内でペットを飼われている方にもオススメの畳です。

天井材はベニヤ板を目透かし(二つの部材の接合部にすき間をあけておくこと)にして、畳と同じ配列に施工しました。

【畳:ダイケン(清流カクテルフィット)】


洗面脱衣室(1.25坪)収納スペースもしっかり確保

洗面脱衣室

1.25坪の洗面脱衣室。(一般的な広さは1坪程度)

1.25坪程度の広さがあれば、広めの洗面化粧台を設置したり、ゆとりある収納スペースが確保できます。


耐久性に優れた人造大理石のバスタブ

人造大理石システムバス(トクラスSTORY)
人造大理石システムバス(トクラスSTORY)

保温浴槽と断熱の風呂フタで4時間後のお湯の温度低下を2.5℃以内に抑えます。

バスタブは人造大理石なので耐久性に優れ、美しさが長続きします。

さらに、お気に入りの音楽が楽しめる浴室音響システム(サウンドシャワー)が標準装備。お手持ちのデジタルプレーヤーや携帯オーディオなどの音源機器と接続し、付属のリモコンでお風呂の中から音量や低音の調節が簡単に操作できます。

臨場感あふれる音に包まれて、バスタイムの楽しさが広がります♪


トクラスバスルーム『STORY』の特長動画

『サウンドシャワー』の特長動画


構造材(梁)を見せることで天井高を上げる

主寝室

主寝室

主寝室は梁を見せて、天井の一部には無垢材を使用しました。

構造材(梁)を見せることでその分の天井高を上げ、梁はフローリングの色に合わせて塗装しました。

寝室の右奥には屋根裏スペースを利用してつくった書斎があります。


小屋裏スペースを活用した書斎

書斎(小屋裏)

書斎

寝室奥の屋根裏スペースを有効利用してつくった書斎。ほどよく狭いので集中して作業をするのに丁度よいスペースです。

本棚は壁に埋め込んで場所を取らないようにしています。


屋根裏部屋のある子供室

子供室

白色を基調とした明るい雰囲気の子供室。壁際には腰掛けカウンターを施工しています。

天井は格納式のはしごが組み込んであり、そのはしごを降ろせば、8.5帖の屋根裏部屋へと続きます♪

今は一部屋の子供室ですが、お子様の成長に合わせて将来は間仕切り壁で部屋を2つに分けられるようにしています。


たっぷりと収納できる屋根裏部屋

屋根裏の空間も無駄なく活用

子供室からのはしごを昇れば、そこは8.5帖の屋根裏スペース。秘密基地のような空間です^^ 

ハンガーパイプも設置しているので、衣替えをした洋服をしまっておくスペースとしても活用できる広い空間です。


広めのトイレでお掃除ラクラク♪

タンクレストイレ

レストルーム

タンクレストイレはタンクが無い分、便器を背面の壁側に寄せられるので、奥行きも広がって空間がスッキリ見えます。横幅もお掃除がしやすいように、約120cmと広くしています。(一般的なトイレの横幅:78cm程度)

設置したトイレは使うたびに自動で便器やノズルを除菌する『きれい除菌水』トイレ。『きれいサイクル』で入室から使用後のケア、待機中の準備まで、トイレが常に自動できれいを保ち続けます。汚れにくいから、トイレのきれいが長続きします。

TOTOタンクレストイレ『ネオレスト』CM


シューズクローク経由で家に上がれる家族用の動線

シューズクローク

玄関・シューズクローク

シューズクロークには上り口を設け、通り抜け(ウォークスルー)できるようにすることで、家族用と来客用で靴を脱ぎ履きできる空間を分けています。

シューズクローク経由で家に上がれる家族用の動線を確保することで、靴が散らかっていても目隠しになります。


飾り棚や外壁材でアクセント

玄関ホールのニッチ、アクセント壁

玄関ホール

玄関ホールにはニッチ(飾り棚)をつくり、壁の一部には外壁と同じ素材(サイディング)を施工し、アクセント壁としました。


敷地の形状を利用した『ビルトインガレージ』

ビルトインガレージ・外観

外観(ビルトインガレージ)

もともと敷地の高低差が道路から1.4mあったため、その地形(高低差)を活かしてビルトインガレージを計画したN様邸。風雨から愛車を守れるビルトインガレージはガレージのシャッターを閉めればプライベート空間にもなり、雨の日の子どもの遊び場としても利用できます。


雨の日でも濡れないように軒を長く

ビルトインガレージ〜玄関

ビルトインガレージ〜玄関

雨降りの時でもガレージから濡れずに家の中に入れるように、車庫から玄関までの通路部分は軒(屋根)を長く伸ばしています。


目隠し格子でプライバシー保護

玄関

玄関

玄関ポーチには道路から目隠しになるように、アルミ格子を設置。(写真右側)

プライバシーを守りながらも適度に光を取り込みます。

  • アルミ格子:LIXIL コートラインⅡ

瓦の先端の段差と袖広がりの山が特徴の陶器瓦

屋根瓦(三州瓦)

屋根瓦

こちらの陶器瓦は三州瓦です。(石州瓦、淡路瓦と並ぶ日本三大瓦の一つ)

瓦の重さは、従来の平板瓦(三州の平均)に比べ約20%減量した地震や台風に強い軽量瓦です。瓦表面に透水性のないガラス質の釉薬でコーティングしているため、汚れが付きにくくなっています。

南欧で使われているスパニッシュ瓦をイメージした瓦で、瓦の先端の段差と袖広がりの山が特徴の自然で明るい屋根瓦です。


スキップフロアで変化のある空間に♪

1F・M2F 鳥瞰パース図

スキップフロア&ビルトインガレージの家-1F・M2F 鳥瞰パース図

断面図

スキップフロア&ビルトインガレージの家-断面図

スキップフロアの間取りとするうえで、各階層ごとに生活の空間分けを検討しました。

1階はリビングや小上り和室がある「くつろぎ空間」、そこから半階上がるとキッチンや洗面脱衣室・浴室などがある「水廻り空間」、リビングを囲むようにさらに半階上がると寝室・書斎・子供部屋がある「プライベート空間」、最上階の小屋裏スペース(8.5帖)は「収納空間」としました。

当建物は北側に位置しているにもかかわらず、スキップフロアで構成されているので、南からの十分な採光と通風を得ることができています。

開放感あふれるスキップフロアの家は、子供の空間認知力を高める効果があるとも言われています。


新築(注文住宅)メニュー
リフォーム・リノベーション メニュー
お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談は、お電話またはメールにて受け付けております。
まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
092-942-3399

(受付時間:9:00~17:00)

お問い合わせ
お気軽にお問い合わせください

春夏秋冬、居心地の良い住まいへ

福岡県の新築(注文住宅)なら
株式会社ZACC  ~ORIGINAL建築工房〜