基礎配筋検査~土台敷き【福津市 N様邸 新築工事】

第三者機関による配筋検査が行われ、基礎工事も完了しました。

第三者機関による配筋検査

配筋検査とは

第三者検査機関による基礎配筋検査で、鉄筋の径や配筋の形状・位置・ピッチの確認など多くのチェック項目があり、設計図書と一致しているかどうかをしっかり確認します。

もちろん、基礎配筋検査合格です!

検査機関による配筋検査

ベタ基礎

配筋検査の次は、土間コンクリートの打設を行います。

ベタ基礎とは

ベタ基礎とは、基礎の底板一面が鉄筋コンクリートになっていて、建物の荷重を底面全体で受け止める強固な基礎です。(※現代の住宅ではベタ基礎が主流)

地面をコンクリートで覆うため、地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリの侵入も防ぎます。

ベタ基礎

土台敷き

基礎工事も終了し、木工事に入りました。

基礎コンクリートの上に基礎パッキンをひき、その上にヒノキの土台をのせています。

土台敷き


新築(注文住宅)メニュー
リフォーム・リノベーション メニュー
お問い合わせ

春夏秋冬、居心地の良い住まいへ

福岡県の新築(注文住宅)なら
株式会社ZACC  ~ORIGINAL建築工房〜