· 

現場吹き付け発泡の断熱材『アクアフォーム』施工【福津市 M様邸 新築工事】

福津市 M様邸の断熱材『アクアフォーム』の施工を行いました。

屋根裏に通気スペーサーを施工

『アクアフォーム』を屋根の下に吹き付ける部分には、断熱施工前に屋根下にスペーサーを入れて通気層を確保します。

通気スペーサー施工
通気スペーサー施工


現場吹き付け発泡の『アクアフォーム』で隙間なく断熱

断熱材『アクアフォーム』は現場吹き付け発砲による施工なので、柱と柱の間や換気ダクトの隙間など細かい部分にもしっかりと充填でき、住宅の隅から隅まで家全体をすっぽりと覆います。

隙間なく断熱することは気密性を高め、冷暖房費の節約にもつながります。

現場吹き付け発泡の断熱材『アクアフォーム』
現場吹き付け発泡の断熱材『アクアフォーム』


熱橋(ヒートブリッジ)金物にも断熱

熱橋(ヒートブリッジ)とは

熱橋とは、建物の内外の温度差を伝えてしまう(熱を逃がしやすい)部分のことです。

近年の木造住宅には金物が多く使われており、建物の内外を貫通する金物も多く使用されています。

それらの金物は熱伝導率が高く熱橋の原因となるため、適切な断熱処理が必要です。

ユニットバスの床下部分や外部に面する補強金物(熱橋金物)にもアクアフォームを吹き付けて断熱を強化します。

熱橋金物部分にも断熱
熱橋金物部分にも断熱

【 断熱材『アクアフォーム』紹介動画 】



新築(注文住宅)メニュー
リフォーム・リノベーション メニュー
お問い合わせ

春夏秋冬、居心地の良い住まいへ

福岡県の新築(注文住宅)なら
株式会社ZACC  ~ORIGINAL建築工房〜