リフォーム・リノベーション ブログ >>

筑紫野市 K様邸の水廻りリフォーム工事が完了しました。 キッチン・浴室・洗面化粧台・トイレなど水廻りを中心としたリフォーム工事をさせていただきました。
太宰府市T様邸のリノベーション工事が完了しました。 ほぼ全ての床・壁・天井を解体してスケルトンにし、断熱材も新たに入れ替えました。 間取りの変更や増築、設備機器の一新で建物に新たな付加価値が加わり、新築のような住まいへと生まれ変わりました。
飯塚市にてマンションのリノベーションを行いました。 間仕切り壁を解体して空間を広げ、LED照明器具も新たに配置しました。 アクセント壁(エコカラット)や飾り棚の施工、格子の造作などでお部屋のイメージを変え、畳コーナーも淡いピンク色の和紙畳で明るい雰囲気になっています。
水廻りのリフォームを行いました。 住宅ストック循環支援事業の補助金を活用したエコリフォームです。
糸島市にて、屋根の葺き替え工事を行いました。 屋根下地材(ルーフィング)を張り替え、屋根材を葺き替えます。 下地ルーフィングは、屋根を雨水や湿気から守る防水シートです。 雨が降った場合、まず最初に瓦などの屋根材(一次防水)が雨水を防ぎますが、大雨や台風時の横殴りの雨などの場合、屋根材のみでは雨水の侵入を防げないこともあります。 屋根材で防止できなかった雨水を、屋根材の下を通して軒先へと受け流す役割を持つのが下地ルーフィング(二次防水)です。
夏の日差し対策は、窓の外側でのカットが効果的です。 カーテンやブラインドなどで日差しを遮っても、室内まで熱が入ってきて、そのままこもってしまいます。 オーニングのように居室の外で日差しをカットすることで、風の通り道を遮ることなく採風を室内へ取り込めます。 室内の温度上昇を抑制して、エアコンの稼働率を下げ、省エネにもつながります。
既存の防水(アスファルト防水押えコンクリート仕上げ)は経年劣化などにより雨漏れが発生していました。 『ウレタン塗膜防水通気暖衝工法』という工法で防水改修工事を行いました。
国の補助金を活用したエコリフォームを行いました。 この補助金は、既存住宅の市場流通を促進し、良質な住宅ストックの形成及びリフォーム市場などの活性化を目指す国の事業の一環です。
宗像市T様邸リフォームのシステムバス入れ替え工事です。 新規に設置したシステムバスはエルゴデザインのバスタブです。 ゆるやかな曲線により、洗い場で体を洗うスペースとバスタブに浸かる部分のスペースが広くなっているのが特長です。
宗像市T様邸のキッチン入れ替え工事です。 シンクとカウンターは『シームレス接合』。 汚れがたまりやすい隙間や段差のない人造大理石の一体形状です。

さらに表示する