カテゴリ:手すり設置



階段手すりを設置して転落・転倒を防止【宗像市 T様邸】
もともと手すりが設置されていない住宅(既存不適格建築物【建築基準法3条2項】)だったため、新たに手すりを設置しました。

国の補助金を活用したエコリフォームを行いました。 この補助金は、既存住宅の市場流通を促進し、良質な住宅ストックの形成及びリフォーム市場などの活性化を目指す国の事業の一環です。

こちらのお家は、もともと階段に手摺が付いていませんでした。 階段への手摺の設置は、2000年(平成12年)に建築基準法改正で新たに追加されました。 建築基準法改正前の建物(既存不適格建築物)なので設置義務はありませんが、転倒・転落防止のため手摺を新たに設置しました。