· 

現場吹き付け発泡の断熱材『アクアフォーム』施工【福津市 N様邸 新築工事】

福津市N様邸の断熱材施工が完了しました。

『アクアフォーム』で隙間なく断熱

弊社が使う断熱材は水を使って現場で吹き付け発泡させる『アクアフォーム』です。

現場吹き付け発泡の断熱材『アクアフォーム』
現場吹き付け発泡の断熱材『アクアフォーム』

優れた気密・断熱性を発揮

『アクアフォーム』は、家全体を隅から隅まですっぽり覆ってしまうので複雑な構造の住宅も隙間なく断熱施工ができ、優れた気密・断熱性を発揮します。

コンセント周りや筋交い部分、給気口の周りなどにも隙間なく充填できます。

現場吹き付け発泡の断熱材『アクアフォーム』

快適な住まいづくりのために

建物の気密性を高めるということは、快適な住まいづくりには欠かせない大変重要な要素の一つです。

家の気密性を高めれば、隙間風がなくなり、きっちり断熱される事になります。

これに対し、家に隙間があれば、そこから冷たい空気が入り込み、結露が発生してしまいます。

現場吹き付け発泡の断熱材『アクアフォーム』

熱伝導率の高い熱橋金物にも断熱補強

『アクアフォーム』の吹き付けでは熱伝導率の高い熱橋金物にも断熱補強を施します。

熱橋とは

熱橋とは、建物の内外の温度差を伝えてしまう(熱を逃がしやすい)部分のことです。

今日の木造住宅には金物が多く使われており、建物の内外を貫通する金物も多く使用されています。

外部と室内をつなぐ金物は非常に熱を伝えやすいため、この部分をしっかりと断熱しておくことが結露対策として重要です。

熱橋金物への断熱補強
熱橋金物への断熱補強

アクアフォームは透湿性が低く、内部に湿気を通しにくい

さらにこの断熱材そのものも透湿性が低く、内部に湿気を通しにくいため、躯体内の結露を抑制し、建物の耐久性を高めます。

気密性が高いだけでなく、人や地球にやさしい断熱材

『アクアフォーム』はイソシアネートと水を含むポリオールを混合することで発生する炭酸ガスを発泡材として利用するので、オゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロンガスを全く使用していません。

また、アレルギーなどの原因とされる有害物質、ホルムアルデヒドも発生させません。

『アクアフォーム』は気密性が高いだけでなく、人や地球にもやさしい断熱材なのです。

現場吹き付け発泡の断熱材『アクアフォーム』

弊社では、標準仕様で断熱材『アクアフォーム』を施工しております。

アクアフォームにして...

  • 「光熱費が安くなった」
  • 「エアコンの効きが良い」
  • 「快適に生活できています」
    と多くのお客様にご好評の声を頂いております。

断熱材『アクアフォーム』製品紹介動画


新築(注文住宅)メニュー
リフォーム・リノベーション メニュー
お問い合わせ

春夏秋冬、居心地の良い住まいへ

福岡県の新築(注文住宅)なら
株式会社ZACC  ~ORIGINAL建築工房〜